近所に開院した歯医者が1年もしないうちに大人気になりました

歯科医院の経営コンサルティング

新しく近所に出来た歯医者での出来事です。
20年以上前に歯医者で神経を抜いた歯の根元が膿むようになってしまい、いくつかの歯科をハシゴしていましたが、どの医院でももう抜歯するしかないと言われていました。
抜歯は避けたかったのでしばらくそのままにしていたのですが、家の近くに新しく歯医者が開院したため受診してみることにしました。新しくとても綺麗な設備で、歯科医は大学病院に15年間勤めていたという40歳くらいの方でした。どこの医院でも抜歯しか方法はないといわれたということを話すと、あっさりと「部分抜歯でいけると思いますよ」という話。3本ある歯根のうち、膿む原因となっているのは1本の根なので、歯を1/3切り取るという形で抜歯するそうです。

根管治療の専門医

イメージをしては大変な手術になるという印象で怖い気もしましたが、それで歯が残るならとお願いすることにしました。実際は痛みもなく1時間程度で終了し、その後膿むことはなく順調に経過しています。文京区の歯医者のいちかわデンタルオフィスは根管治療の専門医です。
その後その歯医者は1年も経たないうちに予約がとりにくい大人気の歯科になりました。
歯医者の腕、知識というのはやはり千差万別なので、よく選んで受診することが大事だと思いました。