クリニックネット集客の為のキーワード

ネットを使って、“クリニックの集客を増やしたい”、“ホームページを作ったのに全然反応が無い”、このような読者に朗報です! それは、この記事です。簡単明瞭、検索エンジンに引っ掛かり易いキーワードパターンを挙げてみます。

・ホームページの内容

自分が患者の立場に立って、“どのような治療を受けたいか”を考えて、メッセージを発信しましょう。患者の不安を除き、信頼につながってゆきます。

① 症状の説明は患者が安心するよう、分かり易くすること。

② 最新の治療方法、機器などの情報を常に更新すること。

③ 患者の声をよく聞き、安心してもらえる治療を心掛けること。

④ 明るく清潔で、快適に過ごせるようなクリニックを心掛けること。

以上を踏まえた上で、検索エンジンに引っ掛かり易いキーワードパターンを披露します。

・キーワードパターン

① 「専門分野 地域名」 例:「神経内科 神戸市中央区」「循環器内科 大阪市天王寺区」

地域名には○○市○○区の両方を入れて、遠方からと近所からの両方で検索にかかるようにします。なお、内科と他の科を兼任している場合、「小児科 内科」とか「皮膚科 内科」などと両方入れるのは、検索エンジンにかかり難くなります。

② 「症状 地域名」 例:「腰痛 大阪市」「頭痛 名古屋市」

自分の症状を改善してくれる病院を探す患者さんが検索します。

③ 「病名 地域名」 例:「椎間板ヘルニア 吹田市」「アトピー 豊中市」

すでに病院で診断された病気に対してセカンドオピニオンを求める場合や、かかりつけの専門医を探す場合には、このキーワードで検索されることが多いです。

・ホームページ制作の注意
とりあえず、ホームページを作成すれば、患者さんが来てくれると安易に思い込まないことです。やはり、内容が充実していなければ、患者さんは見向きもしません。

いかがでしたか?
今回は「クリニック集客のキーワード」について、ご紹介しました。
是非参考にしてみて下さい。